見ることのリアル

レアンドロ・エルリッヒ展「見ることのリアル」を見てきました。視覚的な錯覚など用いた体験型の楽しい作品。横着しないで、子どもたちと来た方が楽しかったな、と反省。